あなたの体質にあったシャンプー探しをお助けする情報総合サイト

>

あなたの体質にぴったりのシャンプー選びのコツを伝授!

そもそもシャンプーの効果とは?

シャンプーを選ぶ前に、シャンプーを使うことでいったいどんなメリットがあるでしょうか?

もちろん、汚れを落とすため。
その汚れには、大きく2種類が存在しています。
まず、身体の内側からの汚れ。
皮脂や汗がこちらにあたります。
次に、身体の外側からの汚れ。
ほこりや排気ガスなどですね。
これらの汚れのうち、水で洗い流すことのできるものもありますが、全てではありません。
きちんと洗い流すためには、洗浄剤、つまりシャンプーを使う必要があります。

洗浄剤として、界面活性剤が主に用いられます。
界面活性剤というと、毒性の強い危険物と考える方もいらっしゃるかもしれません。
そもそも、界面活性剤とは物にくっつく性質を利用して、汚れを洗い流すという作用がメイン。
けっして恐ろしいものではありませんが、種類や強度に気をつけて使用する必要があります。

シャンプーの仕組みを解説!

この「界面活性剤の種類」が、シャンプーの違いを作り出すということなのです。
では、頭皮や髪を洗浄する「界面活性剤」にはどんなものがあるのでしょうか。

・石けん系シャンプー。
これはアルカリ性の石けんを界面活性剤として用いています。

・石油系シャンプー。
石油系界面活性剤を使用していましたが、最近は製造されていないようです。

・高級アルコール系シャンプー。
「高級」というのは、含まれる成分の多さのことです。
油脂から作られた界面活性剤が主に用いられています。

・アミノ酸系シャンプー。
人の身体に近い成分、アミノ酸系の界面活性剤を使用しています。

最も危険なものは石油系ですが、最近は売られていないので、うっかり買ってしまうことはないでしょう。
石けん系や高級アルコール系は、身体への影響は少ないですが、洗浄能力が強力で、毎日使うのはやめた方が無難。
アミノ酸系は身体にも環境にも良いのですが、少し高価になります。


この記事をシェアする