業者よりも安い費用で受け付けている

料金は前払いシステム

手数料を支払わなければいけない

不用品を出したいと思ったら、先に手数料を支払ってください。
手数料はコンビニエンスストアや、郵便局で支払うことができます。
不用品の種類に応じて金額が変わるので、自分が出したい不用品の手数料を調べてください。
基本的にサイズが大きくなれば、金額が高くなります。
食器棚やベッドは高額ですが、それでも800円ほどで済むでしょう。

手数料を支払ったら、証拠としてシールが渡されます。
行政はシールが貼ってある不用品だけを回収します。
シールを貼っていないものは、手数料を支払っていないと判断されるので注意してください。
何らかの原因でシールが剥がれてしまった場合でも、回収してもらえません。
剥がれないように、しっかり貼ってください。

回収場所を把握しよう

行政に依頼する場合は、自分で回収場所に不用品をもって行かなければいけません。
地域ごとに回収場所があるので、事前に調べておきましょう。
少し遠くても、小さな不用品を1つだけ出す程度なら持って行けると思います。
しかし大きな不用品や数が多いと、1人で持って行くのは大変でしょう。
知り合いに頼んで、手伝ってもらうのがおすすめです。

知り合いの力を借りる場合は、前もって連絡しておいてください。
急に不用品を出すから手伝ってほしいと言われても、知り合いにだって都合があります。
都合が悪いと、断られるかもしれません。
前もって伝えていれば、予定を空けてくれるでしょう。
協力して不用品を運べば、スムーズに作業が終了します。